京都東山堂刀・拵えの各名称

商品検索

検索
詳細検索

返角(かえりつの)
逆角とも言います。 刀身を鞘から抜く場合、 鞘も同時に前方へ抜け出ないように、帯に引っ掛けて止める目的から、 鞘の中ほどに設けられている突起を差します。角製の物を「返角」、金属製の物を「折金」と言います。頭(かしら)の上方を向いているが、江戸後期に至ると刀を抜く機会が少なくなり、 装飾的意味合いが強くなりました。

縁(ふち)・頭(かしら)
柄の鍔側に付ける金具を「縁」と言い、刀の柄の先の部分。また、その部分を覆う金具を「頭」と言います。両者を合わせて、縁頭(ふちがしら)と呼びます。

鋒(きっさき)
刀身の尖端、横手(筋)から上の部分を言います。

栗形(くりかた)
差表にある下緒を通すための部分です。 その形が「栗」に似ていることから栗形と呼ばれます。

栗形鵐目(くりかたしとどめ)
栗形に付ける鵐目のことです。

笄(こうがい)
鞘の差表にさしておく箸状のもので、髪をなでつけるために使用します。 装飾品として種々の文様が施されています。髪の手入れをする際に用いるもので、先に耳掻きがついており、上代では、髪を結び上げて笄で止めていました。 髪が乱れた際に用いる為、笄を太刀に差していました。
元来「目貫」、「笄」、「小柄(こづか)」の3つが同じ作者で同じ図柄の揃ったものは『三所物』と呼ばれ、 桃山時代に造り出されて依頼、非常に貴重とされています。
頭が痒い時にも使用されていたと言われています。

鯉口(こいくち)
鞘の入り口部分を言います。 断面が鯉の開いた口に似ていることが由来です。

鐺(こじり)
刀剣の鞘(さや)の末端の部分のこと。 または、そこにはめる飾り金物を言います。

鞘(さや)
刀剣類の刀身の部分を納めておく筒のことを言います。 刀室(とうしつ)とも呼ばれます。鞘は上代では佐比(さひ)と呼び、その後太刀を入れる屋(やね)という意味で比を屋に改め「サヤ」と呼ぶようになりました。 鞘に漆を塗り始めたのは何時の頃か詳らかではありませんが、聖武天皇の命で鞘に黒漆を施し、 これに金や銀を用いて蒔絵をした太刀を、次の孝謙天皇が奈良の東大寺に寄進されたものが現存し、同寺に秘蔵されています。

下緒(さげお)
刀を帯びる際に、鞘が飛び出さないように結び付けるための紐です。昔は刀剣を結びつける紐でしたが、後世には一種の装飾品となりました。 下緒は絹糸でよく手編みされ、色合いも好みにより色々あり、また皮製のものもあります。 徳川時代には石取り以上の武士は外出する際に下緒を長く垂らし、足軽などは下緒を刀に巻きつけることが作法とされていました。 また、非常時の際には下緒を襷(たすき)の代用に出来るような長さに工夫されています。

鮫皮(さめかわ)
刀の柄(つか)・鞘(さや)を巻く装飾に用いるほか、靴を作ったり、物を磨くのに用いられています。刀に用いられるサメとは学名を「トリゴン・セフェン」というアカエイの一種です。 通常、柄巻に使われるのは、このトリゴン・セフェン(カイラギザメ)の突起部分です。

鵐目(しとどめ)
金属・革・木などの製品にあけた穴の縁を飾る金具のことです。 形が鵐の目に似ているところからこの名が付いたと言われています。刀の鞘の栗形・和琴・箏、その他の器物のひも通しの穴の縁などに用いられています。

鎬地(しのぎじ)
刀の鎬と峰との間の部分。磨き地とも言います。

切羽(せっぱ)
刀の鍔(つば)の表裏が、それぞれ柄と鞘に接する部分に添える薄い金具のことです。 切羽は鍔の表裏にはめてしっかりと動かないようにする働きがあります。

反り(そり)
刀剣は敵を引くように切る為、反りが存在します。

柄巻(つかまき)
刀剣の柄を組糸や革などで巻くことを言います。 また、それを業とする人を柄巻師と呼びます。

鐔・鍔(つば)
刀身と柄の間に装着されている部分で柄を握る手を防御する役割があります。平安朝の末期頃までは鉄製・銅製でしたが、 平安朝末期頃から吉野朝初期にわたっては、ほとんどが革の鍔鐔となりました。これは獣類の皮を数枚張り合わせ平板のようにしたもので、 鉄や銅製品に比べ弾力性に富み、また体裁もよく、戦にも充分に耐えられたためです。しかし、革鍔は長い間には風化し継ぎ合わせ目が剥がれたり虫喰が生じやすいので、 吉野朝初期頃から戦国末期までの武士用は全部鉄製となっています。

茎(なかご)
刀身の柄に被われる部分。中心とも書く。 柄の中に込めるという意味から命名されたました。

刃(は)
刃(は、やいば)とは、対象を切断ないし切削する機械要素ないし構造のことである。 刀身の棟と反対の部分です。

刃長(はちょう)
切先(鋒)から棟区までを直線で測った長さを言います。

刃区(はまち)
刀の刀身と茎(なかご)との境をなす区(まち)のうち、 刃のほうの部分を言います。

刃紋(はもん)
刃紋は刀工が焼入れをして鋼をいっそう鋭利にした部分を言います。

平地(ひらじ)
切先部分の横手と分かれた部位

身幅(みはば)
刀の幅。ハバキ部分を元幅、切先横手部分を先幅と言います。

棟(むね)
刀の峰。刃の反対部分で、峰とも言います。 棟の形にもいくつか種類があります。「庵棟」が最も一般的な形です。

棟区(むねまち)
刀の棟(むね)と茎(なかご)との境目を言います。

銘(めい)
茎に製作者の氏名、出身地国、居住地、製作年月日を記したものです。一般的に表(太刀や刀を身に付けた際、外側になる面)に刀工名や居住地を切り、 裏に制作年や所持者名などを切ることが多いですが、裏銘や無銘など例外もあります。

目釘(めくぎ)
刀身が柄(つか)から抜けるのを防ぐため、茎(なかご)の穴と柄の表面の穴とにさし通す釘のことです。 竹・銅などを用います。

目釘穴(めくぎあな)
目釘を通す穴を言います。柄に茎を固定する目的で穿たれた目釘穴は、時代の要求による拵形式の変化に伴って開け直されることがあり、 時代の上る刀には複数の穴があるものが多いです。また目釘の脱落を防止する目的で穴を鍵穴形や菊花形に整形したものもみられます。 銘を記した後に穴を開けるか、銘を切る前に開けるかは時代と作者によって異なり、 穴を避けて刻銘した例もあれば、逆に無造作に銘の上に穴が開けられた例もあります。

目貫(めぬき)
当初は目釘のことを指し、のちに柄の外にあらわれた目釘の鋲頭(びょうがしら)と座が装飾化されてその部分をさすようになり、 さらに目釘と分離した飾り金物として柄の目立つ部分にすえられるようになった。目貫の「め」は孔の意味がある。本来は目釘の事であり、目釘の頭部が装飾化され、 後にその目釘と、頭部の飾り金具とが分かれました。目釘として用をなすものを真目貫ともいい、飾り金具である目貫を空目貫とも言います。

鑢目(やすりめ)
柄から刀身を抜けにくくするために施されます。 国、時代、流派により使われる鑢目が違うため、日本刀の鑑定でよく見られる部分です。

【目貫通り】
目貫は刀などの拵えに使用される金具であるが、華やかで目立つ存在であることから、街で一番繁華な通りを目貫通りと言うようになった。

  【折り紙付き】
保証付きの確かなものという意で、保証を本阿弥一家が鑑定した刀の鑑定書をさす。 

  【地金が出る】
刀の砥ぎ減りで地金が現れ、醜いところが出てしまうところからきている。

【鎬を削る】
  
 斬り合う時鎬が互いに強く擦れて削り落ちるように感ずることからきている。
 
【切羽詰まる】
 切羽は鍔の表裏にはめてしっかりと動かないようにするところから、身動きができない。 物事が差し迫るという意につかわれている。
 
【反りが合わない】
 刀は一本一本反りが違い、違う刀の鞘に入れると反りが違うから入らないところからきており、気心が合わないと意
 
【鍔迫り合い】
 互いに打ち込んだ刀を鍔で受け止めたまま押し合っているところから、互いに激しく競り合う意
 
【なまくら】
 刀の焼きが半焼けの鈍刀から、鈍くら、鈍なこと。

ページトップへ