家紋てぬぐい 葵 【あおい】徳川葵・左離れ立葵 | 剣道,面手拭 | 東山堂

商品検索

検索
詳細検索
ホーム >剣道 > 面手拭 > 家紋てぬぐい 葵 【あおい】徳川葵・左離れ立葵

家紋てぬぐい 葵 【あおい】徳川葵・左離れ立葵

家紋てぬぐい 葵 【あおい】徳川葵・左離れ立葵

商品コード
494-000
メーカー希望小売価格
販売価格
800 円(税込864 円)
ポイント
8
数量
家紋名


  • お気に入りに登録する
  • 友達にメールですすめる
  • 商品についての問い合わせ

徳川葵


丸に左離れ立葵


注染という手染め”手ぬぐい”です。
綿製ですので、吸水もよく柔らかな手触り。
裏面からも染めていますので、両面使用することができます。
生地は、手ぬぐいとして使用しやすい密度のある岡生地。
剣道用としても使用できる、一般的なものよりも長め約100cmサイズです。



< 家紋について >
水戸黄門で馴染みが深い”徳川葵”。
フタバアオイと言われる植物を家紋としたもので、京都にある加茂神社の神紋が由来とされている。
アオイ科には”ハイビスカス”などの観賞用の花も含まれる、美しい花。
(家紋柄は諸説あります)

< 手拭について >
剣道用としても使用できる一般的なものよりも長めサイズ
注染そめ 岡生地
サイズ:約35cmx約100cm
綿:100%
(ディスプレイ環境により色の見え方が変わります)

< 手ぬぐいの扱い方 >
明治時代にタオルが一般的になるまでは、身体を拭いたり、農作業などでの日よけ、台拭きにと、広く日本の日常の中で活躍していた手ぬぐい。
手ぬぐいの両端が縫われていないのは、下駄紐が切れたときやケガをしたときに、生地を裂いて使用するためでした。
また、それは生地の糸が乾きやすく清潔に保つための工夫でもあります。

はじめは気になる両端の糸。
はさみなどで切って処理して頂く必要がありますが、何度が洗濯を重ねると生地がしまってきて、糸が出なくなります。

・染めものですので、色落ちすることがあります。
はじめは、他のものと一緒に洗わないでください。
・漂白剤などは、染色が落ちる場合がありますので、使用しないでください。


 





 

この商品についてレビューを書く

  氏名 : 評点 :
内容 :
[レビューを書きこむ]

この商品のレビュー

入力された顧客評価がありません

ページトップへ