【特許剣道竹刀】真剣柄(しんけんづか)吟風仕組み竹刀39【試合対応・大学・一般サイズ】 | 剣道,桂竹竹刀,仕組済完成竹刀 | 東山堂

商品検索

検索
詳細検索
ホーム >剣道 > 桂竹竹刀 > 仕組済完成竹刀 > 【特許剣道竹刀】真剣柄(しんけんづか)吟風仕組み竹刀39【試合対応・大学・一般サイズ】

【特許剣道竹刀】真剣柄(しんけんづか)吟風仕組み竹刀39【試合対応・大学・一般サイズ】
















『真剣柄(しんけんづか)』竹刀の仕組み直し方法



竹刀サイズの選び方

竹刀サイズ 全長 規定重量 適応身長・学年
2.8(にっぱち) 約87cm 〜身長120cm
3.0(さぶぜろ) 約91cm 120〜135cm
3.2(さぶに) 約99cm 135〜145cm
3.4(さぶよん) 約105cm 145〜150cm
3.6(さぶろく) 約110cm 150〜155cm
3.7男子(さぶなな) 約114cm 440g以上 中学生男子
3.7女子 約114cm 400g以上 中学生女子
3.8男子(さぶはち) 約117cm 480g以上 高校生男子
3.8女子 約117cm 420g以上 高校生女子
3.9男子(さぶく) 約120cm 510g以上 大学生・一般男子
3.9女子 約120cm 440g以上 大学生・一般女子
※36以下は重量規定がありません。
※規定重量は鍔を含まない完成品の重量です。

【特許剣道竹刀】真剣柄(しんけんづか)吟風仕組み竹刀39【試合対応・大学・一般サイズ】

商品コード
202-KS51
メーカー希望小売価格
販売価格
2,780
(税抜 2,528 円)
ポイント
55
数量
竹刀サイズ


  • お気に入りに登録する
  • 友達にメールですすめる
  • 商品についての問い合わせ

■上達への最短ルートを進もう

<竹刀は「刀」である>
もしかしたら、剣道未経験の方でもご存知なのではないでしょうか。 剣道を経験したことがあれば、誰でも知っているこの”常識”は精神的なことだけではありません。 四枚の竹を組み合わせた竹刀は弦がある構えて上の面を刀の「峰」、下側の面を「刃」として扱い、 「刃」の面で打突部位を斬らないと「有効」と認められません。それを「刃筋を通す」といいます。 それは稽古時の素振りであっても竹刀が正しい向きになっていないと注意を受けるぐらい基本的なことです。 それぐらい簡単なことと思われるかもしれませんが、実は結構難しい・・・ 大人でも注意を受けている場面を見かけるぐらいです。 これが子供だと、初心者だと。 最初は出来なくて当然です。 しかしこの基本が出来ないと次に進めず、伸び悩む時期が来るかもしれません。 この「真剣柄」竹刀なら、 その時間を大幅に短縮することが可能です。

■真剣柄の何がいいの?

竹刀も刀や木刀のように刃が有り反りが有れば正しい振り方をすることができるのに・・・ なぜ竹刀は振ってる間にくるくる回ったり正しい持ち方が出来なくなってしまうのか。 原因は柄の形状にありました。 円形だと柄が回りやすいという点と、どの角度から握っても握り心地は同じなので 握りやすい角度で持ってしまいがちです。 これを解消するために生まれたのが「真剣柄」です。

■真剣柄竹刀とは

日本刀の柄は、柄糸の下に「目貫(めぬき)」といわれる装飾を巻き込み、 滑り止めと手持ちの良さを向上させているような造りになっています。 竹刀も刀のように刃筋を通して打つため、 手のひら側が平らで、指先側に目貫があり丸みがある刀の柄のような形状が理想的であると考えました。 「竹刀は刀である」という原点に立ち返り、 日本刀の造りを模して開発された、まったく新しい型の竹刀になります。

■真剣柄竹刀の特徴

左右両手の手のひら側に削り加工を施してフラットにした独特な形状になります。 普及型に比べて手のひらの収まりが格段に向上し、自然と正しい竹刀の握り方へと導きます。 幅広い方にご使用いただけるよう、規格は幼児・少年〜学生用、一般用の全サイズをご用意。 初級者には刃筋正しい打突の習得を促し、 高段者には刀で「斬る」感覚を得ることができるので、打突にさらなる冴えが生まれます。

■真剣柄竹刀の使い心地

手の内の収まりが良くなることで自然に体の中心で竹刀を構えることができ、正しい姿勢に導きます。 また竹刀の「刃」の向きがどちらを向いているか、握りの感覚で簡単に把握することができ、刃筋を常に意識できます。 指側の握りは従来の竹刀と同様に丸いので、 窮屈になることなく刃筋の通った切れ味のある打ちが、自然とできるようになります。

■試合で本領を発揮する

試合では竹刀「刃」の面で中結いと先革の間の「物打ち」で打突部位を斬らないと「有効」と認められません。 ということは、タイミングをとらえ、気力に満ち溢れ、有効部位を力強くしっかりと打突したとしても、 竹刀が回っていれば一本にならないということです。 一瞬のことで周りから見てもわからないぐらいのことで、 「あれ?一本じゃないの?」という場面はよく見かけます。 さすが審判、よく見ていらっしゃいます。 つまり、自然と正しい握りができ、刃筋正しい打突をサポートするこの竹刀は”試合に最適”といえます!

■こんな使い方も!ワンポイントアドバイス

一度試してほしいことがあります。 それは反対向き(弦を下向き)に握ってみること。 通常は削られている面が掌側にくる形状ですが、 指先側に削った面をもってくると、指がしっかり引っかかるようになります。 こっちのほうがしっくりくるという人も少なくないので、一度試してみてください! そして反対向きのほうが良いとなったら、弦を緩めて柄革と中結いと先革を回してご使用ください。

■有段者にもおすすめ!

現在では、最高段位である八段の先生も「手の内(握り方のこと)」について、試行錯誤を続けられています。 「八段に合格するための重要な要素の一つ」とおっしゃる先生は少なくありません。 竹刀の持ち方一つで竹刀の操作性が激変します。 握り方はそのぐらい重要なことです。

■あなたの剣道を激変させるきっかけになるかもしれません

ほぼすべての剣道家が、今よりもっと上達したいと思っています。 しかし確かな改善点を把握されている方は少なく、捉えどころのない悩みを抱えている方が大勢います。 そして、握り方をほんの少し変えるだけで悩みを解決し、次のステージに進むことが出来た達人もまた大勢おられます。 もし伸び悩んでいたり、もっと上達したいという気持ちを持たれているなら「真剣柄竹刀」を使ってみてください。 剣道の基本に立ち返り、”握り”を改善することによって、「さらなる飛躍の糸口になる」と確信しています。

この商品についてレビューを書く

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
[レビューを書きこむ]

この商品のレビュー

入力された顧客評価がありません

ページトップへ