合気道養神館:演武篇 | 合気道,合気道DVD・書籍 | 東山堂

商品検索

検索
詳細検索
ホーム >合気道 > 合気道DVD・書籍 > 合気道養神館:演武篇

合気道養神館:演武篇

合気道養神館:演武篇

商品コード
019-SPD8005
メーカー希望小売価格
販売価格
5,280
(税抜 4,800 円)
ポイント
48
数量


  • お気に入りに登録する
  • 友達にメールですすめる
  • 商品についての問い合わせ
タイトル 合気道養神館:演武篇
商品番号 SPD-8005
ジャンル 合気道・養神館
メディア DVD
商品説明 合気道の達人、故塩田剛三をはじめ、実戦合気道の総本山と言われる合気道養神館の精鋭が見せた驚異の技の数々。演武とは、技のみを行うのではなく、いかにすべての動作に気力が伴っているかを表すものであり、従って演武は、真剣勝負と同じ意味を持つ。
収録内容 ・基本動作連続(剣・徒手)
・基本動作と関連技
・中級技
・緩急技
・短刀操方
・護身技
・自由技
その他 塩田剛三のプロフィール
1915年9月9日、東京生まれ。幼少より柔道、剣道を学び、17歳で合気道開祖・植芝盛平の門を叩く。以来、戦前、戦後を通じて開祖に学び、'61年当時最高位の合気道9段を受ける。
'55年日本古武道大会で最優秀演武を獲得し戦後の合気道復興に力を尽くした。'56年に設立した合気道養神館は、警視庁機動隊から専修生を迎えるなど実戦合気道の総本山として、現在も数多くの人材を世に送り出している。'94年7月17日逝去。

千田 務のプロフィール
1950年(昭和25年)10月4日、東京都出身。1969年6月、合気道養神館入門。1971年より内弟子となる。以来、1994年の塩田剛三館長逝去まで、最も長い時間を塩田館長と過ごした。1987年、合気道養神館師範となる。1993年塩田剛三館長より、8段位の允可を受ける。1994年より、合気道養神館主席師範。後進の指導に励むと共に、達人の技の継承に力を注いでいる。

安藤毎夫のプロフィール
1956(昭和31)年10月29日、愛媛県新居浜市出身。徳島大学在学中より合気会系の合気道を始める。1981年、合気道養神館に入門。故塩田剛三館長の下、内弟子として厳しい修行に励む。1993年、養神館師範となる。1996年、独立し千葉県浦安市に自らの道場を設立。養神館合気道龍と名付ける。塩田剛三直伝の確かな技と、その人柄を慕い、日本ばかりでなく、海外からの門人も数多い。千葉県を中心に多数の支部が開設されており、近年ますます勢力を拡大中。1991年には、合気会と協力して浦安合気道連盟を結成。世界でも例のないユニークな組織を作り、合同演武会の開催、地域主催の行事への参加など、幅広く活発な活動を行なっている。
キャスト 塩田剛三、千田務、中野仁、安藤毎夫、塩田泰久
収録時間 カラー32分
字幕
発売日 2003/5/19
販売元 株式会社クエスト

ページトップへ