植芝盛平と合気道第6巻「合気道の心」編 | DVD・書籍,弓道 | 東山堂

商品検索

検索
詳細検索

キャッシュレス

ホーム >DVD・書籍 > 弓道 > 植芝盛平と合気道第6巻「合気道の心」編

植芝盛平と合気道第6巻「合気道の心」編

植芝盛平と合気道第6巻「合気道の心」編

商品コード
067-mvd06
メーカー希望小売価格
販売価格
6,000
(税込6,600 円)
ポイント
60
数量


  • お気に入りに登録する
  • 友達にメールですすめる
  • 商品についての問い合わせ
タイトル 植芝盛平と合気道 第6巻
商品番号 mvd06
ジャンル 合気道
メディア DVD
商品説明 開祖存命の1961年に撮影されたドキュメンタリー映画と1965年頃収録のラジオ会見模様の二本立てでお届けする、合気道の原点、開祖植芝盛平翁の心を知るための、たいへん貴重な一巻。
収録内容 【第一部】ドキュメンタリー 「合気道」
1961年制作のドキュメンタリー映画。岩間と東京における合気道開祖・植芝盛平翁の日常の生活、翁の稽古風景が収められている。素手技や武器技など、相手の攻撃を完全に見切って繰り出される開祖の妙技は必見。開祖の高い精神性をあらわした祈りのシーンには、開祖の肉声が収録されている。開祖の絶妙な合わせ、間合い、気合、導き、気の妙用など、気迫あふれる開祖を写したこのフィルムは、合気道の原点とはなにかを十二分に伝える貴重な資料である。英語翻訳字幕付き。

【第二部】ラジオ会見 「合気道―自己大成の道」
1965年頃に放送された植芝盛平翁の非常にめずらしいラジオ会見模様。当時の開祖を写した貴重な写真の数々を背景にお届けする。「武は愛なり」の合気道理念を語った開祖の講話は、『古事記』からの“神々”が多々引用されるなど非常に難解であり、理解の一助に字幕をつけた。在りし日の開祖の肉声と写真を通して、開祖の心に触れる貴重
その他 植芝盛平のプロフィール
明治16年に生まれる。18歳の時、起倒流柔術の門に入り武道を志す。25歳で柳生流柔術の免許皆伝となる。さらに剣術や槍術にも精進し、血の滲むような修行の末、新しい武道合気道を創始する。その技は神業と言われ、我即宇宙の境地を開く。死ぬ直前、臨終の時に「自分は今が絶頂である」の名言を遺す。昭和44年、86歳で死去。
キャスト 植芝盛平
収録時間 モノクロ42分
字幕
発売日 2004/10
販売元 合気ニュース

この商品についてレビューを書く

  氏名 : 評点 :
内容 :
[レビューを書きこむ]

この商品のレビュー

入力された顧客評価がありません

ページトップへ