斉藤守弘師範壮年期の貴重映像合気道 | 合気道,合気道DVD・書籍 | 東山堂

商品検索

検索
詳細検索
ホーム >合気道 > 合気道DVD・書籍 > 斉藤守弘師範壮年期の貴重映像合気道

斉藤守弘師範壮年期の貴重映像合気道

斉藤守弘師範壮年期の貴重映像合気道

商品コード
055-AIK1D
メーカー希望小売価格
販売価格
6,050
(税抜 5,500 円)
ポイント
55
数量


  • お気に入りに登録する
  • 友達にメールですすめる
  • 商品についての問い合わせ
タイトル 斉藤守弘師範 壮年期の貴重映像 合気道 〜剣、杖、体術の理合〜
商品番号 AIK1D
ジャンル 合気道
メディア DVD
商品説明 1974年撮影 斉藤守弘師範 壮年期の貴重映像。「剣を持って剣に頼らず、杖を持って杖を意識せず」。「たけむす」とは「むすび」の意であり「生成化育」の働きを示す。岩間時代の合気道・植芝盛平開祖は、「武産合気」を唱え、合気道の基盤となった大東流、日本武道の真髄である新陰流、鹿島新当流などを研究し、新たな方向性を模索していたという。この開祖が晩年に遺した武器術や多彩な技法に統一的な理合を見出し、「岩間スタイル」として広く体系的に伝えてきたのが故・斉藤守弘師範である。本ビデオでは、後の「岩間スタイル」の原形となる、斉藤師範が「合気道の奥の院」と称される岩間にて、23年に渡り開祖・植芝盛平より授かった「武産合気」の集大成を、壮年期の貴重映像とともに紹介していく。
収録内容 1 剣、その一
2 剣、その二 
3 杖、その一 
4 杖、その二 
5 体術、その一 
6 体術、その二 
7 武産合気

※1〜6はモノクロ、7のみカラー

※本ビデオは『合気道 〜剣、杖、体術の理合〜』(港リサーチ)の関係資料として1974年に撮影されたものです。一部画像に乱れがありますが品質とは関係はありません。
その他 斉藤守弘のプロフィール
1928年、茨城県生まれ。空手、柔道を学び、18歳で、当時、茨城県の岩間に移り住んでいた合気道・植芝盛平開祖に弟子入りし、以後、岩間の地にて合気道を学び、教授し続ける。1959年には合気道師範に、開祖没後は合気会茨城道場長として、合気道の国内外への普及に尽力。特に、開祖がその武術の真髄をまとめた「武産棒術」「松竹梅の剣」を「合気之杖」「合気之剣」の型として教授したことで、従来ベールに包まれていた合気道の武器術に多くの人が触れる機会を与えた。2002年5月死去
キャスト 斉藤守弘
収録時間 モノクロ・カラー60分
発売日 2003/12/27
販売元 (株)BABジャパン

ページトップへ